プチ入院。。。

金曜日にブログを更新した後、しばらくしてあいちゃんの具合が悪くなりました。
何かを訴えて鳴き、トイレに何度も入り。。。吐く(/_;)
これはもしかして膀胱炎?
しばらく様子を見ているとどんどん症状が悪化。。。
呼吸も荒く血尿や血の付いた粘膜なども出てきました。
呼吸は口を開けてハアハアしていたので結構ヤバイ状況。
ちょうど娘の下校時間と重なり帰りを待たなくてはいけなかったので
病院へ電話を入れて行ったたらすぐに診て頂けるようにお願いして、
娘が帰宅してすぐに向かいました。

着いたら先の患者さんがいらしたけれど電話をしていたので
院長先生がすぐに診て下さりあいちゃんは検査へ。
今まで何度も膀胱炎になっているので今回もその症状に似ていること、
今日の1日の様子、具合が悪くなってからの分単位での様子を伝え
まずは血液検査をして点滴をするかもとのことで留置針を入れました。
心臓病を持っているので呼吸が荒かったので
心不全が一番に心配だったとのことですが
レントゲンの結果心臓、肺には胸水もなく異常なし。
良かったですねと院長先生。
可哀想にあいちゃんはその後腎臓と膀胱のエコーへ。

c0032212_23342113.jpg

これは検査の合間に診察室で待っている間に娘が激写しました(^_^;)
娘はあいちゃんのエリザベスカラー姿がお気に入り。
あいちゃんにしたらすごく迷惑。。。

いつもは心エコーなので横向きなんですが
腎臓は下腹にあるのでエリザベスカラーをしたまま仰向けで
両前足、後ろ足を看護師さんに抑えられてちょっと笑える格好での検査です。
私は説明を聴きつつ娘はあいちゃんの顔を撫でて励ましていました。

検査の結果。。。
膀胱炎でした。
が、血液検査の結果、腎臓も肝臓ももともと悪いのですが
肝臓の数値が更に上がっていて悪く、しかも低カリウム血症になっていました。
腎臓や肝臓が悪いとカリウムが少なくなると調べて知っていましたが
腎不全や肝機能障害の症状が進んでいるのかなとちょっとショック。

結局あいちゃんはそのまま酸素室での静脈点滴のため日帰りプチ入院。
夜にお迎えに行き、翌日も点滴決定で留置針を入れたまま帰宅。

c0032212_23343055.jpg

疲れてぐったりの帰宅後のあいちゃん。
留置針が入っているのでテープと包帯でぐるぐるです。
(針を入れたままだと翌日の静脈点滴がそのまま出来るのです)
包帯が肉球柄なのがなんだか可愛い。。。

翌日は朝から3時まで半日入院だったので
ムーブへの出店をお休みしようかとも思いました。
が娘がお手伝いに来てくれる友人Sちゃんと遊ぶのを楽しみにしていたので
お昼に帰ろうかなと思っていたら夫がお休みで迎えに行ってくれると。
ありがとう。。。夫♪

あいちゃんの様子は夜中に吐いて苦しそうにしていました。
そして本日は朝からあいちゃんを病院へ預け、そのまま夫に送ってもらいムーブへ。

前日はあいちゃんのお世話で追加制作も出来ず、
準備も出来ずに疲れていつの間にか寝てしまい・・・起きたら4時。
しかもあいちゃんが起こしてくれました。
お腹すいた~と起こしてくれたのですが、
ご飯を上げるとすぐに食べたものを全部吐いてしまいました(ーー;)
それでも助かりました!
持って行く物などぜんぜん準備していなかったので急いで準備。
なんとか間に合いました。

ムーブでは雨の為か朝からお客様は少なかったのですが
お昼から講演会があったのでそれから人が増え、講演会が終了と同時に
沢山のお客様にご覧いただけました。
お買い上げいただきましたお客様、ありがとうございました<(_ _)>

帰宅後にあいちゃんは酸素室と点滴で少し表情回復。
何か訴えて鳴いてます。
多分病院は嫌だったとか、家が良いとかいろいろ不満を言っているのかも。

膀胱炎の抗生剤に低カリウム血症のカリウムなどお薬が結構増えたけれど
これをがんばって飲んで元気になってもらいたいです。
[PR]
トラックバックURL : https://maminene.exblog.jp/tb/14707755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しゃんく♪ at 2010-07-04 10:04 x
あいちゃん、膀胱炎良くなるといいね。
人間だと結構痛いけど、猫もそうなのかな?
まみちゃんも寝不足だろうから休めるときに休みなね。
Commented by mami_nene at 2010-07-05 15:53
おねえちゃん♪
膀胱炎はよくなってきました♪
膀胱炎は猫も頻尿になって痛いみたいだよ。。。
膀胱炎に他の病気が重なってお薬の回数が増えて
今までより更に大変になってきたよ(^_^;)
私は寝不足なかを昨日は海の中道までプールへ行ってきました(笑)
病気のペットがいると休めないけれど子供もいると更に休めない。。。
おねえちゃんも頑張ってね!
Commented by あいちゃんのファン at 2010-07-09 00:35 x
愛ちゃん 心配ですね 家の推定19 20歳の猫は去年膀胱炎や腎臓肝臓全て悪く食べたら吐くし 獣医さんで点滴うけながら覚悟していたんです 獣医さんをかえました タウリンという肝臓の薬を 電解質サポートを水でといたもので流し込み  その他 時々栄養補給のためにチューブ入りのフェロビタⅡを食べさせたりしています  比較的元気です  それから持病のバセドー病の薬の副作用の痛みの為にユッカ&アニスという海外の動物用薬(精製していない)も水でといてあげています  体に負担のかからないものをと思って飼い主も必死です 免疫力を高めるという茸エキス(万寿?)。。。そのエキスの研究されている方も動物の病気により多少アドバイスしてくれそうです がそれも去年具合の悪いときに薄めてごく少量あげてました  かかりつけの獣医さんに家の子の症例と処方とを言って相談されるのもよいかもしれません  薬もその子によりあうものがよいと思います   どうか消耗のはげしい時期 お大事に
。元気になることを祈っています
Commented by mami_nene at 2010-07-09 09:17
あいちゃんのファンさん
ご心配ありがとうございます♪いろいろと教えていただき勉強になります(●^o^●)20歳の猫ちゃんいらっしゃるのですね。長生きでがんばっていてすごいです。
あいちゃんの母も19年生きたのでそれまでは元気でいて欲しいなぁと日々願っています。
膀胱炎は静脈点滴と抗生物質でよくなってきました。現在は抗生物質が昨晩で終わったので心臓のお薬と胃薬とカリウムを飲ませています。これにサプリも加わり結構投薬のストレスもあると思うので肝臓のサプリなども考えつつ与えたいと思います♪
以前あった腫瘍は背中のものはまだレントゲンに写るのですが
大きくもならず脂肪が固まってカルシウム?骨?みたくなって
健康上は問題が無いようです。胸のものはいつの間にかなくなっているのか写らないし脂肪の塊だったみたいです。胸水も腫瘍性ではなく心筋症からきていたことが判明し原因が分かってほっとしています。それか腫瘍に効く漢方を飲ませていたのが効いたのかも?
これからも主治医と相談しつつ試行錯誤で頑張って生きていきますのでよろしです(#^.^#)
ご心配&アドバイスありがとうございました~
by mami_nene | 2010-07-03 23:59 | あいちゃん | Trackback | Comments(4)

のんびり2匹の猫と暮らし、ハンドメイド生活を楽しんでいます。メインで天然石アクセサリー制作をしています。doll大好きです♪よろしくお願い致します。


by mami_nene
プロフィールを見る
画像一覧